切り花を長持ちさせる裏技


切り花を少しでも長持ちさせたいなら
花瓶の水の中に少量の塩素系の漂白剤を入れてみてください。

漂白剤には、ものを白くする以外に
バクテリアやカビなどの繁殖を抑える殺菌作用があります。

そこで1gの水に対し、1〜3ccの漂白剤を入れておくと
切り口からの腐敗を防ぐことができるのです。

また1gの水に対し、5〜10gの砂糖を入れるのも効果的です。

これは砂糖によって、花に栄養を与えることができるからです。
なお砂糖と漂白剤は一緒に入れても問題はありません。
posted by 裏技マン at 15:39 | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。